輝く将来のために子役オーディションを受けよう【「素材」の良さ】

カメラマン

自分の良さをアピール

芸能の世界でお仕事をするために必要なのがオーディションです。オーディションに必要な写真を撮るには、自分で撮る方法と写真スタジオで撮影して貰う方法があります。より自分の良さをアピールできる写真を撮りたいなら、スタジオで撮影して貰うのがおすすめです。

詳しく見る

最新記事一覧

男の子

またとないチャンス

子役は、子供が演じるものが子役ですので、子供らしさを持っていることが重要です。明るく元気にオーディションを受けることがポイントです。また、オーディションは、スカウトされる方法だけでなく、芸能事務所へ所属する、自分で受ける、キッズモデルから子役になる方法などが挙げられます。

詳しく見る

ライト

2通りの撮影方法

オーディションで写真には、上半を中心に表情等を確認する写真と身体のラインが全体がひと目で分かる全体写真の2枚が必要です。その際の撮影方法には、自分で撮る方法とプロのカメラマンに撮影してもらう方法があります。

詳しく見る

男の子

芸能界で羽ばたくために

子役デビューするなら、子役タレント事務所の養成スクールで力を付けるのが一番の近道となるため、各事務所が行っているオーディションを受けることをおすすめします。有名子役が所属している事務所を選ぶのも良いですし、お住まいの地域や受講料と兼ね合わせて選ぶことも重要です。

詳しく見る

女性

プロに依頼する方法

オーディション用の写真が必要になったのなら、プロにお願いしておくと良いでしょう。街中で長年営業している写真屋さんでも構いませんが、スタジオを持っているカメラマンという選択もあります。さらに普段からオーディション用の写真撮影をしているなら、お任せにしておきたいです。

詳しく見る

子供に求められること

ステージ

大切なシミュレーション

子供が子役としてショービズの世界に飛び込みたい時は、タレント事務所や特定の劇で募集されているオーディションを受けます。事務所のオーディションは通年で募集している場所が少なくありませんので、子供の方向性に応じた事務所を選んで書類を送りましょう。書類審査に受かった子供は親と一緒にオーディション会場に足を運びます。オーディション当日に集まっているのは一組だけではありませんから、他の子役志望者に勝てるような存在感が求められます。オーディションを見るスタッフは事務所の社長や劇の監督と言った重役の人たちです。場の雰囲気に気圧されず自己主張できるのは最低限求められる資質ですから、オーディションの前に受け答えの練習をしておきましょう。タレント事務所によってオーディション当日に行うことは変わりますが、自己紹介は必ず求められます。また中にはその場で特技を披露したりカメラテストを行ったりするオーディションもあります。子役オーディションでは完成された人物が受かるとは限りません。特技を披露している時に失敗したり受け答えに戸惑ったりしてもそれが大きな失点になることはありませんから安心しましょう。子役として受かるために重視されるのは「素材」の良さです。そのため素のままの子供の魅力が当日発揮できるようにシミュレーションをしておくと良いでしょう。普段ひょうきんな子であれば、そうした個性がオーディション当日に消えないように面接の訓練をします。