輝く将来のために子役オーディションを受けよう【「素材」の良さ】

最新記事一覧

2通りの撮影方法

ライト

異なる撮影と注意点

オーディションで使う写真は、基本的に上半身が中心に写っているバストアップ。身体のライン等、全体がひと目で分かる全身写真2枚が必要です。写真を撮影する際に気をつけておきたいのが、撮影の方法と場所になります。極端に日光が強い場所や薄暗い室内は避けましょう。特に肌を白く見せたい為に太陽の光や証明を当てすぎると、逆効果になります。撮影の方法には、自分や友人に撮ってもらうセルフ撮影と、プロのカメラマンに撮影してもらうスタジオ撮影等があります。個人で撮影する場合のメリットは、低コストで自由に撮れる事です。いくつかのオーディションを受ける事を想定すると、撮影費も増えていきます。使う写真は同じものを使用するのではなく、毎回違う写真を用意する事も重要です。特に自分で撮影する場合には、撮影する場所選びがポイントになります。スタジオを借りて個人で撮影する方法と、公園で撮影する方法があります。オーディションで使う写真なので、この場合はなるべくスタジオで撮る事にしましょう。デメリットはプロに依頼するよりも写真の質が落ちてしまうので、多少の技術が必要になります。スタジオで撮影する場合には、プロのカメラマンや中にはスタイリストにも協力してもらえるので、質のいい写真が撮れます。オーディションに使用する事を考えると、プロのカメラマンにスタジオで撮影してもらう方がオススメです。ただ、プロに依頼するので、その分料金が高くなったり時間の制限もあるので注意しましょう。それぞれ自分に合った撮影方法を選ぶ事が大切です。